埼玉の帰化申請 料金








帰化申請
 (会社員)




100,000円




帰化申請
 (会社経営者・役員)




150,000円




同居の家族1人追加





40,000円



埼玉の帰化申請許可後の手続きについて【帰化した後やるべきことは?】





  帰化申請が許可された後にやらなければいけないことはたくさんあります。



  
1.帰化者の身分証明書の受取



  帰化申請が許可されますと官報に氏名と住所が掲載されます。



  埼玉の帰化申請の場合、さいたま地方法務局及び各支局へ帰化の申請をしてから特別永住者の方で



  およそ6ヶ月程で、通常の外国人の方で8ヶ月から12ヶ月程で帰化申請が許可されます。



  官報は一般の方でも独立行政法人国立印刷局が提供しているインターネット版官報で確認することができます。



  もっとも、官報に掲載されますと、さいたま地方法務局又は各支局からすぐに申請者のところに連絡があります



  ので、わざわざご自分で調べる必要はありません。帰化申請(埼玉)の許可の連絡がありましたら法務局へ



  「帰化者の身分証明書」を受け取りに行きます。



  「帰化者の身分証明書」には、「帰化者の住所・新戸籍編製又は入籍の別・帰化後の戸籍の表示内容(本籍・



  氏名・生年月日・父母氏名・続柄・身分事項)・帰化の際の国籍・従前の氏名」が記載されております。







 
 2.帰化届の提出



  
帰化申請(埼玉)が許可され、さいたま地方法務局で「帰化者の身分証明書」を受け取りましたら、



  居住地または本籍地の市町村役場へ行き、帰化の届出をします。



  これにより戸籍謄本が作成されますが、実際に戸籍謄抄本を発行してもらえるのは翌日~1週間程あとですので、



  パスポートを作る予定がある方は、後日戸籍謄本を発行してもらった上で最寄りのパスポートセンターで手続き



  して下さい。







  3.外国人登録証の返納




  帰化申請(埼玉)が許可された日から14日以内に居住地の市区町村長に対して外国人登録証を返納しなければ



  ならないとされていますので、法務局から受け取った「外国人登録証明書返納届」に所要の記載を行い、



  外国人登録証に添えて居住地の市町村役場で返納する必要があります。



  帰化の届出をしに市町村役場へ行った際にいっしょに外国人登録証明書の返納の手続きもされるのがよいでしょう。







  4.その他の手続き



  
日本に帰化され日本国籍を取得されたあとにしなければならない手続きというのはそれぞれの方によって異なり



  ますが、代表的なものとしては、運転免許証の姓名変更・健康保険証等の国籍・氏名等の変更・日本国パスポート



  の発行・銀行やクレジットカードの姓名変更、その他にも帰化前より契約しているものすべての姓名変更が必要です。



  もっとも、帰化申請(埼玉)の許可が下りてから一度に行うのは大変でしょうから、思い出したものから一つずつ



  変更していけば宜しいかと思います。








お問い合わせ




埼玉の帰化申請について

【行政書士小林国際法務事務所】






埼玉帰化申請窓口