帰化申請の必要書類【埼玉】





帰化申請
 (会社員)

100,000円

帰化申請
 (会社経営者・役員)

150,000円

同居の家族1人追加


40,000円



埼玉の帰化申請【必要書類-さいたま地方法務局】





  帰化申請(埼玉)に必要な書類は以下の通りです。



  
※さいたま地方法務局における帰化申請手続きの実績に基づくものですが申請者の状況により


   
この他の書類も必要となりますので詳しくは法務局または弊社までご相談下さい。





  
1.帰化許可申請書



  5cm×5cmの証明写真が2枚必要です。 「帰化後の氏名」は帰化前に使用していた通称名がある場合には



  通称名をそのまま帰化後の氏名としていただいてもいいですし、全く新しい姓名を希望されることも可能です。



  埼玉県にお住まいの外国人の方々は、さいたま地方法務局へ帰化申請するまでに決めていただくことになります。







  
2.親族の概要を記載した書面



  現在日本に定住する親族と外国に居住する親族は別々の紙に分けて記入して下さい。



  記載する親族の範囲は、「同居の親族」以外にも、配偶者、親、子、兄弟姉妹、配偶者の両親、内縁の夫(妻)、



  婚約者です。埼玉県在住の方でさいたま地方法務局へ帰化申請の相談に行かれたことがある方ですとこの書面を



  ご覧になったことがあるかと思います。親族の概要を記載する際に気を付けなければならないのは埼玉県内の親



  族のみならず埼玉県以外で定住する親族の方々の情報もすべて記入しなければならず、長年連絡を取っていな




  い親族や音信不通の親族であったとしても原則として記入しなければなりません。また、これらの親族について



  は、死亡者も記載する必要がありますし、すでに帰化した者がいる場合にはその帰化した年月日を記入する必



  要があります。







  
3.履歴書その1



  「年」は日本の元号で記載して下さい。履歴事項は、出生から記入し、古い年代のものから居住地・学歴・職歴



  ・身分関係(婚姻・離婚・親族の死亡等)を空白期間のないように詳しく記載して下さい。居住地は出生の時より



  現在に至るまでの居住地すべてを記載しなければならないのですが、昔の居住地で記憶が定かではないため



  詳しい住所や転居の年月日が分からない場合には、分かる範囲で記載して頂ければ大丈夫です。



  例えば、「1990年10月頃に埼玉県上尾市本町から埼玉県朝霞市に引っ越したことは覚えているが詳細が思い



  出せない」といった場合は、そのまま「埼玉県上尾市本町→1990年10月埼玉県朝霞市へ移転」といったように、



  転居の日付・町名・番地は記載しないでおき、申請時にその旨を法務局の担当者へ説明することになります。



  学歴については、転校、中途退学、卒業の学部等についても記載します。



  (例)「さいたま市立〇〇小学校へ転校」「さいたま市立〇〇中学校中途退学」「埼玉県立〇〇大学〇〇学部卒業」



  職歴については、勤務先だけでなく、所属部署や職種についても記載して下さい。



  (例)「さいたま市役所戸籍課区民生活担当」「埼玉〇〇銀行〇〇支店投資信託担当」



  身分関係については、事実婚についても記載する必要があります。







  
4.履歴書その2



  出入国履歴は通常5年分記載します。渡航期間・日数・渡航先・渡航目的を記載します。



  技能、資格欄に記載した内容については証明資料を提出する必要があります。



  (例)埼玉県立〇〇中学校の教員の方なら、教員免許状。理容師の方なら理容師免許証。



  賞罰欄には、出生時より現在まで受けた賞罰をすべて記載して下さい。例えば速度違反で反則金15,000円を



  払ったことがあるなら、〇〇年○月○日・速度違反反則金・15,000円と記載して下さい。



  交通違反については、帰化申請の際に法務局へ提出する運転記録証明書を見れば分かりますのできちんと



  確認し記載漏れがないようにして下さい。



  確認欄は、帰化申請(埼玉)後にさいたま地方法務局の担当者が記入する欄ですので記入する必要はありません。



  
5.生計の概要を記載した書面その1



  月収は、法務局【埼玉】へ帰化申請する月の前月分 について、その手取り額を記載して下さい。



  収入の種目欄には、給与、事業収入、年金等を記載します。同一世帯の方の月収をすべて記載しなければ



  ならないので、同一世帯の家族であれば、今回帰化申請(埼玉)しない方であっても、生計を一にしているの



  であればあくまでも記載する必要がありますし、帰化申請(埼玉)する際の必要書類としてその方の納税証明書



  や源泉徴収票等も提出しなければなりません。また、別居している家族であっても仕送りをするなどして生計を



  一にしているのであれば、その方の居住地が埼玉県内であっても埼玉県外であっても、送金額等の記載が必要です。



  収入の合計と支出の合計は同じ金額になるようにして下さい。



  主な負債については、住宅や自動車等をローンで購入されている場合に記入します。



  (例)「自動車購入 埼玉りそな銀行埼玉中央支店 残額1,500,000円 完済予定平成28年3月」



  ローンを組んでいることは帰化申請(埼玉)の審査においてマイナスとなるというわけではありません。



  きちんと返済していれば何の問題もありませんし、むしろ住宅などの不動産を購入されていることは日本での



  定住性という点では法務局の担当官に良い心証を与えるともいえます。







  
6.生計の概要を記載した書面その2



  高価な動産とは、およそ100万円以上のものと考えて下さい。また、不動産については、埼玉県外に持つ宅地や



  居宅についてもすべて記載する必要があります。預貯金については、同居の親族それぞれの預入先銀行名



  ・金額などを記載します。



  (例)「埼玉りそな銀行埼玉支店 田中一郎 20,000,000円」



  埼玉県内外にマンションや一戸建てをお持ちの方は、こちらの生計の概要書に記載するとともに、それらの登記



  事項証明書(登記簿謄本)を提出する必要がありますが、埼玉県内の法務局で全国の登記事項証明書(登記



  簿謄本)を発行してもらえますのでご安心ください。







  
7.事業の概要を記載した書面



  帰化申請【埼玉】をする方々が会社員ではなく個人事業主あるいは会社を経営されている方々の場合には



  事業の概要書を提出する必要があります。自営業の方が帰化申請【埼玉】する場合、その必要書類は会社員の



  方々に比べ非常に多く、さいたま地方法務局へ申告しなければならない事項も取引先名称や決算状況など



  多岐にわたります。







  8.居宅付近・勤務先の略図(過去3年分)



  過去3年以内に住所を変更している場合は、住所ごとに作成する必要があります。また、埼玉県で帰化申請する



  場合、さいたま地方法務局で相談時に「居宅付近の略図」を記載する用紙を受け取るのですが、その用紙には、



  略図だけでなく、住所・居住期間・国籍・氏名(通称名)・生年月日・父母の氏名・父母との続柄・職業・勤務先の



  名称・電話番号(自宅・勤務先)・その当時同居していた家族の氏名・続柄生年月日・職業を記載しなければなり



  ません。埼玉の帰化申請では、さいたま地方法務局の担当者から相談時に丁寧な説明がありますので、それに



  従って進めて頂ければ帰化申請は可能ですが、時間と労力を節約したい方は是非一度弊社までご相談下さい。







  
9.帰化の動機書【特別永住者は不要です】



  外国人の方々が帰化申請(埼玉)する際に悩みがちなのが、この帰化の動機書の書き方ではないでしょうか。



  帰化の動機書の書き方は、日本に長く定住する在日韓国人(特別永住者)や中国人の方々であってもどのような



  ことを書けばいいのか悩んでしまうようです。例えば、埼玉で帰化申請しようと思い、さいたま地方法務局【埼玉】



  へ相談に行き、帰化の動機書を書いてくるように言われる時も、担当者にアドバイスをもらおうとしても、あくまでも



  素直に帰化申請するに至った経緯を書けば大丈夫だからとだけ言われてしまいます。



  ただ、実際のところ、この帰化の動機書については、書き方が重要なのではなく、最低限の日本語の読み書きが



  できるかが見られていると考えていただいたほうがいいと思います。帰化したいと思ったいきさつは、単純に埼玉の



  この土地でこれからもずっと暮らして生きたいと思ったからとか、外国人でいると手続きとかが面倒くさいからと



  いった理由を書いたからといってそれで帰化が不許可になるなどということはありませんので安心して下さい。







  
10.宣誓書



  帰化申請(埼玉)時にさいたま地方法務局で準備されていますので、担当者の指示に従いサインして下さい。







  
11.証明写真



  5cm×5cmを2枚。帰化許可申請書に貼付して下さい。







  
12.スナップ写真



  必ず必要なわけではありませんが帰化申請(埼玉)時に家族関係を証明するものとして提出を求められる場合が



  あります。







  
13.申述書



  こちらの書類についても提出することになるかどうかは帰化申請者の状況や提出書類の内容により決まります。



  この「申述書」というのは、申請者の母が申請者は確かに自分と夫との間に生まれた子供であるということを証明



  するものです。



    (例)「私と田中一郎とは、1990年12月12日に婚姻し、下記の子を儲けましたことを証明いたします。



   続柄(長男) 氏名:田中次郎 出生地:埼玉県熊谷市〇〇町12番地12 生年月日:平成11年11月11日」







 
 14。.パスポートのコピー



  埼玉で帰化申請される方で、パスポートをお持ちの方は、必ずパスポートのコピーを提出する必要があります。


  パスポートを持っていても一度も使っていないという方もいらっしゃるかと思いますが、その場合にもパスポートの


  コピーの提出は必須ですので忘れないように注意しましょう。







  
15.運転免許証の裏表のコピー



  在日韓国人(特別永住者)の方々だけでなく、日本に長く定住されている外国人の方々ですと、運転免許証を持って



  いる方も多いのではないでしょうか。帰化申請【埼玉】の際には、運転免許証やその他各種資格・免許の証明書の



  コピーを提出して下さい。







  
16.運転記録証明書(5年分)



  運転記録証明書というのは、運転免許証を持っている外国人の方々が過去に交通違反等をしていないか確認する



  ために提出する証明書です。帰化申請時には必ず提出する必要がありますので、埼玉県内の警察署や交番で



  運転記録証明書の申請書をもらい、郵便局で振込を行って下さい。



  埼玉に長く暮らし自動車もよく運転するため何度か交通違反で減点されたことがあるといった場合には、



  帰化申請(埼玉)する前に一度ご相談いただいたほうが宜しいかと思います。



  交通違反や犯罪歴というのは、埼玉だけでなくどの地域で帰化申請する場合であってもとても気を付けなければ



  ならない部分ですので、心配な方は一度弊社までご相談下さい。







  
17.直近の源泉徴収票



  帰化申請(埼玉)においては、去年一年間の年収が問題となるため源泉徴収票を提出する必要があるわけですが、



  世帯全体で生活要件を満たしているかが判断されますので、年収がいくらあればいいというわけではありません。



  帰化申請される方を含め同居の家族の構成と現在の支出の内訳や貯蓄等を勘案して判断されるものですので



  源泉徴収票の年収額が低いからといってそれだけで帰化申請(埼玉)を諦める必要はありません。







  
18.戸籍謄本



  すでにご結婚されていてお相手が日本人である場合やご親族の中ですでに帰化したご兄弟がいる場合には、



  それぞれの方の戸籍謄本を提出しなければなりません。但し、ご存じの方も多いかと思いますが、戸籍謄本は



  本籍地の市町村役場でなければ取得できませんので、本籍が埼玉県内の市区町村ではない場合、その市町



  村役場へ戸籍謄本を郵送請求する必要があります。弊社では日本全国の市町村役場へお客様に代わって戸籍



  謄本を請求できる帰化専門行政書士(埼玉)がおりますので、お客様に戸籍謄本を取得していただくことはござ



  いませんのでご安心下さい。







  
19.住民票



  同居の親族の中に日本人または帰化した者がいる場合には住民票を提出します。



  埼玉で帰化申請する方々で同居親族の住民票を取得する場合、当然住民票が置かれている埼玉県内の市区町村



  へ取りに行けばよいのですが、帰化申請で提出する住民票は必ず「世帯一部の写し」ではなく「世帯全員の写し」



  でなければならないので注意して下さい。







  
20.外国人登録原票記載事項証明書



  同居している親族全員分が必要です。窓口で帰化申請(埼玉)のためにさいたま地方法務局へ提出することを



  伝えるといいかもしれません。過去5年分の居住歴を記載してもらう必要がありますので窓口で必ず帰化申請



  (埼玉)のためであることを伝え、居住歴などの記載を忘れずにしてもらいましょう。







  
21.住民税の納税証明書



  住民税の納税証明書というものはあまり馴染みがないかもしれませんが、前年度の年収に基づいて課せられる



  住民税をきちんと市区町村へ納税しているかを証明する書類です。似たものとして課税証明書というものもあり



  ますが、課税証明書には、住民税の課税額は記載されいますが、納税したかどうかが記載されていないため、



  必ず納税証明書の方を発行してもらって下さい。ご自分で帰化申請(埼玉)される方がよくこの課税証明書と



  納税証明書の違いが分からず間違えてしまい、法務局で指摘され再度取り直すといったことがあるようですので



  注意して下さい。



  帰化申請(埼玉)において、納税関係というのはとても重要な部分ですので過去の納税関係で不安がある方は



  一度弊社までご相談下さい。







  
22.出生届記載事項証明書



  出生が日本である場合に提出する必要があります。記載事項証明書というのは特別な理由がない限り請求でき



  ない重要な証明書です。出生が埼玉県内でない場合、帰化申請(埼玉)のためにさいたま地方法務局へ提出する



  必要がある旨を記載して出生地の市町村役場へ郵送請求することになります。



  帰化申請で提出しなければならない書類の中でもご自分で帰化申請される方が集めるのに苦労する書類の一つ



  といえます。







  
23.婚姻届記載事項証明書



  帰化申請者が結婚している場合、また、その両親が日本で結婚している場合に提出することになる証明書です。



  この証明書も出生届記載事項証明書と同様、実際に婚姻届を提出した市町村役場に請求しなければならないため



  集めるのが大変な方もいらっしゃるかと思います。







 
 24.死亡届記載事項証明書



  ご両親やご兄弟で亡くなった方がいる場合に提出します。



  以上の届書記載事項証明書(出生届・婚姻届・死亡届)は、その届出をした市町村役場へ請求しなければならない



  書類なわけですが、ここで問題となるのが、届出を出したのが随分昔のため、どの市町村役場へ提出したかが



  思い出せないという場合です。実際、弊社へご依頼いただいたお客様の中にも届出を出した市町村役場が分からない



  という方は意外にも多くいらっしゃいます。そのような場合であっても帰化申請(埼玉)にとって必ず必要な書類で



  ある以上、弊社では必ず届出を出した市町村役場を探し出し、届書記載事項証明書の発行請求を行いますので



  ご安心ください。












お問い合わせ




埼玉の帰化申請について

【行政書士小林国際法務事務所】






埼玉帰化申請窓口