帰化申請 条件 【埼玉-さいたま地方法務局】





帰化申請
 (会社員)

100,000円

帰化申請
 (会社経営者・役員)

150,000円

同居の家族1人追加


40,000円



埼玉 帰化申請の条件について





  帰化申請の条件は大きく分けると以下の通りです。





  
帰化申請条件 1. 引き続き5年以上日本に住所を有すること



  「引き続き」5年以上ということは継続して日本に在住している必要があるという意味ですので、



  例えば本国にいる両親が入院しその看病のため
3ヶ月以上本国へ戻っていた時期があるといった場合には



  原則として継続して日本に住所を有していたとはいえないと判断され、日本へ帰国した時から再び継続して



  
5年以上経たなければ帰化申請(埼玉)することはできないということです。



  但し、やむを得ない理由がある場合にはこの限りではないと解されていますので、帰化申請(埼玉)される



  時点から遡って5年の間に長期間日本を離れたことがある方でも諦めず一度ご相談下さい。







  
帰化申請条件 2. 20歳以上で本国法によって行為能力を有すること



  埼玉の帰化申請でさいたま地方法務局へ帰化申請しようとお考えの方がもし未成年者の場合には、原則として



  家族全員での帰化申請でなければならず、単独で帰化申請(埼玉)することはできません。







  
帰化申請条件 3. 素行が善良であること



  
「素行が善良」という点で問題となるのが、交通違反や刑事罰の履歴です。



  どの程度の
交通違反刑事罰なら許されるのか、どの位前の違反なら許されるのかというのは、単純に



  申し上げることはできませんが、過去の犯罪歴や交通違反が帰化申請(埼玉)における法務局の判断に



  与える影響というのは、一般の方が考えるよりも大きいといえます。



  
速度違反飲酒運転といった交通違反歴があるために帰化申請(埼玉)が不許可となるという事実に驚かれる方も



  いますが、それほど国籍を取得するというのは難しいことだとお考え下さい。







  
帰化申請条件 4. 本人又は生計を同じくする配偶者その他の親族によって生計を営むことができること



   永住許可申請と違い、帰化許可申請(埼玉)においては、個人の年収ではなく
世帯全体の年収で経済的安定性を



  判断しますし、その他の親族による経済的援助や資産・貯蓄まで勘案しての判断となりますので、「生計を営むこ



  とができる」と判断されるようにきちんと生計の概要を示せばよく、永住許可申請よりも要件としては厳しくありません。



  もっとも、帰化申請(埼玉)の場合には、さいたま地方法務局で行われる面接において、生計の概要に問題がある



  と判断された場合には、追加書類の提出を求められたり、勤務先や親族や居宅付近での聞き取り調査も行いま



  すので、十分な用意をして臨むようにして下さい。







  
帰化申請条件 5. 国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によってその国籍を失うべきこと



  国籍については、韓国籍の方、ベトナム籍の方、中国籍の方、それぞれ国籍喪失要件が異なり、
国籍喪失手続き



  が必要な方もいれば、日本国籍取得により自動的に本国の国籍は喪失し、あとは帰化申請(埼玉)許可後に



  ご自分で大使館を通して戸籍整理をする必要がある方もいます。それぞれの国によって
国籍喪失の手続きの仕方



  やその
タイミングの違いがありますが、弊社の帰化申請手続き(埼玉)の料金には、国籍喪失手続きのサポート代



  も含まれておりますので、国籍喪失についても安心してご依頼頂けます。







  
帰化申請条件 6. 日本政府を暴力で破壊することを企てたりしたことがないこと







  
帰化申請条件 7. 日本語の読み書きができること(国籍法に規定はありません)



  特別永住者の方や日本で生まれ育った方などは全く問題ないと思いますが、まだ、日本での生活がそれほど



  長くなく、あまり日本語で読み書きをする機会がない方などは、
帰化の動機書を書く際は気を付ける必要があります。



  帰化の動機書は自筆でなければなりませんし、面接の際に音読できるか確認されることもありますし、その記



  載内容について詳しく問われることもあるからです。












お問い合わせ




埼玉の帰化申請について

【行政書士小林国際法務事務所】






埼玉帰化申請窓口