埼玉の帰化申請許可者数と外国人登録者数の推移について








帰化申請
 (会社員)




100,000円




帰化申請
 (会社経営者・役員)




150,000円




同居の家族1人追加





40,000円



外国人登録者数と帰化申請【埼玉】





  
【埼玉県の外国人登録者数と帰化申請について】



  埼玉県外国人登録者数が年々増加しております。その結果当然埼玉帰化申請の許可件数も年々増加して



  いるかというとそうではありません。埼玉県内の帰化許可者数の正確な数字は分かりませんが、



  日本全国の帰化許可者数は法務省によって発表されておりますので、現在までの正確な帰化許可件数の推移



  を知ることができます。これを見ると、平成13年から平成22年帰化許可者数は、ほぼ横ばいというよりも



  減少傾向にあるとさえ言えます。



  そこから推し量る限り、埼玉県内の帰化許可者数も増加していないのが現状でしょう。



  なぜ帰化申請(埼玉)とその許可数が増加していないのか、その理由を議論するのが目的ではありませんので、



  これ以上は言及しませんが、外国人登録者数は年々増加してはいるが、帰化申請(埼玉)の許可件数



  それとは反対に減少傾向にあるというこの厳しい状況を皆さんに理解していただければと思います。








  
【外国人登録者数とは



  外国人登録者数というのは、日本に滞在する外国人の方々の中でも、日本国内に90日を超えて在留する



  外国人で市町村に登録されている方々のことです。



  (当然ですがすでに埼玉で帰化申請し日本国籍を取得された方々は含まれません)



  外国人登録者数については、法務省でも毎年度登録者数を発表しておりますが、埼玉県では県内に在住する



  外国人登録者数を把握するため毎年独自に市町村に対して外国人登録者数の調査を行っております。



  そのため、埼玉県内在住の外国人登録者数の推移については正確に把握できています。



  平成11年71,926人だった外国人登録者数が平成21年には123,600人となっております。



  当然埼玉県人口に占める外国人登録者数の割合も10年で1.04%から1.72%まで増加しておりますので、



  色々な場所で外国人の方々と接する機会も多くなっていると思います。



  また、国籍別で見てみますと、埼玉県では、中国人の方が3分の1以上を占めております。続いて朝鮮・韓国籍



  の方々が多くいらっしゃいますが、フィリピン人・ブラジル人の方々もとても多く、南米や東南アジアから来日され



  ている方々が多いことが分かります。



  埼玉の帰化申請を国別で考えてみますと、一番多いのは当然ながら在日韓国人・朝鮮人の方々なわけですが、



  意外にもベトナム人イラン人フィリピン人ブラジル人の方々からの帰化申請(埼玉)のご依頼を多くいただ



  きます。やはり、難民の方々からも帰化申請のご依頼をよくいただくのですが、共通して言えるのはご自分で



  法務局へ帰化申請しようとすると必要書類を集めるのにあまりに多くの時間がかかってしまうために弊社のような



  専門行政書士事務所へご依頼いただくケースが多いと言えます。



  埼玉に定住・居住する外国人の方々が年々増加していることから、帰化申請や入管制度について相談したいと



  いう方々も年々増加していますが、帰化申請(埼玉)についてご不明な点、ご心配な点などございましたら、



  まずは弊社までお気軽にご相談下さい。








お問い合わせ




埼玉の帰化申請について

【行政書士小林国際法務事務所】






埼玉帰化申請窓口